【独学諦めないで!】海外留学なしで英会話が上達するオススメ勉強法!

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

「高い英会話スクールや海外留学の経験がないと話せるようにならない?」
「留学したいけどお金が、、、」

「仕事や学校の都合で長期間海外に行くことが難しい」

「単語や文法はある程度理解しているけど、なぜか話せない」

「外国人の友達や講師なしで、どう英会話スキルを伸ばしていいか分からない」

どのぐらいの時間と期間で話せるようになるの?」

「英会話を上達させたいけどモチベーションが続かない」

私も以前はこんな自問自答を繰り返してきました。

しかし、国内に居ながら、独学で英会話を上達させることは可能です!

私は勉強を始める前は、超ド初心者で

・外国人から話しかけられるのが怖い

・Yes/Noしか言えない

・英語の成績は最悪で、単語を見るだけで眠気に襲われる

こんな状態でした。

でも、私は一定の期間に【ある勉強法】を実行して、自分の言いたい事が言いまわせるレベルに到達できました!!

この記事は

今からお伝えする勉強法は、中学レベルの英単語と文法を理解していることが前提となります。

 

この記事では、「日本国内に居ながら英会話が話せるようになりたい」「独学でスピーキングに一番効果的な方法を知りたい」方にぜひ読んでもらいたい内容です。私の実体験を元に、詳しい手順や方法を紹介していきますのでぜひ挑戦してみてください!

 

*目次

  1. 英会話上達に一番効果的だった勉強法
  2. 基本的な「瞬間英作文」の手順
  3. 中級~の「瞬間英作文」の方法
  4. 話せるようになる為に必要最低限の期間。一日に確保すべき時間
  5. 挫折しないモチベーションの保ち方 
  6. まとめ
  1. 英会話上達に一番効果的だった勉強法

 

私が英会話習得に最も効果的だと感じたのは、「瞬間英作文」でした。

この方法に出会うまでは、様々な書籍、アプリ、動画など手当たり次第に試し、無駄なお金や時間を費やしてきました。今では「瞬間英作文」という勉強法に早い段階で気づけていればと後悔しています。

 

瞬間英作文とは、短めの日本文を見て(読んで)、5秒以内に素早く英語にするトレーニングです。日常会話で使うような文を躊躇なく言えるようになるまでトレーニングをします。

例えば・・・

① この料理は誰が作ったの?
② 私はいつもこの部屋で勉強する。
③ 私たちは昨日、バスケをするために公園に行った。

あなたはこれらの英語を即座に英語にすることができましたか?

回答

① Who cooked this?
②   I always study in this room.
③   We went to the park to play basketball yesterday. 

 

日本文だけ見ると一見簡単に見えますが、5秒以内など時間制限を設けるとなかなか難しいはずです。

では、私が実際に使用した書籍をご紹介します。付属で音声CDも付いているので、電車の中や移動時間を利用して、有効にトレーニングが可能です。

 

著者:森沢 洋介

出版社:ベレ出版

著者:森沢 洋介

出版社:ベレ出版

著者:森沢 洋介

出版社:ベレ出版

著者:森沢 洋介 

出版社:ベレ出版

 

初めは青い書籍(初級編)から取り組んで下さい。短めの文が沢山例文として取り上げられています。文法や単語は理解しているが、ポンポン言葉が出てこない人にオススメです。

青い本を制覇したあなたは ↓

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング(緑の本)

ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティス(赤い本)

動詞だけの文章に集中して学習したいのであれば ↓
バンバン話すための瞬間英作文「基本動詞」トレーニング(金色の本)

を選んで訓練してみましょう。

 

2.基本的な「瞬間英作文」の手順

ここからは私が実践して効果のあった基本的手順をお伝えしていきます。

手順

  1. 付属のCDを一度聞き流し、分からない単語の発音を確認しておく。
  2. まずは日本文を見て時間制限なしで英語にしてみる。
  3. 訳せなかった文には時間をかけすぎず、回答を見てしまう。
  4. 回答できなかった英文をスラスラ出てくるまで音読する。
  5. 回答を見ないで答えられるようになったら、5秒以内を意識。(付属CDも利用する)
  6. 上記の文にスピード感を持たせ、何も考えなくても口から出てくるところまで落とし込む。
  7. 瞬間英作文の書籍(初級編)を50周した所で、オンライン英会話を始めてみる。

※注意点/ポイント

・必ず声に出して練習する。

・自分にとって簡単だと感じる文から始め、最初から複雑な文を使用しない。

・現在形、過去形、未来形など様々な文法で練習する。

・上達進度に合わせて、文の長さや単語の難易度を変える。

・同じ本を最低50周は繰り返す。

毎日10分だけでもいいので欠かさず訓練する。

自分がその状況にいるとイメージして口にする。

 

  1. 中級~の「瞬間英作文」の方法

段々と慣れてきて、本だけでは物足りなくなってきたあなたへ!
別の練習法として、自分で作った英作文でトレーニングすることをオススメします。

私がよく行っていたのは、

・自分が必要だと思った英文をエクセルなどで管理→自作の英作文としてストックする
「英文を徐々に長くしていく」練習
「単語を入れ替える」練習

「英文を徐々に長くしていく」練習とは…

例えば、

・I study everyday.
    ↓
・I study English every day for the exam.
    ↓
・I study English every day for the exam with my friend in our classroom.

というような感じです。英語は「主語₊動詞」で始まり、その後は目的語を付け加えていくという形ですので、上記のようなトレーニングを積み重ねる事で、長めの文をスラスラ言えるようになっていきます。

 

「単語を入れ替える」練習とは…
・I study English every day for the exam with my friend in our classroom.
                ↓
・I study math every other day for the test to graduate from school.  

上記のように単語を入れ替えて練習することで何十種類ものパターンを作ることができます。

 

 

4. 一日にどの位時間を確保すべきか?

私の経験から言うと、一日30分瞬間英作文と向き合えれば十分です。

難しいようであれば、10分だけでもいいです。

重要なのは毎日継続し、あなたの生活の一部にすること!最低でも半年続けてみて下さい!

中学レベルの日常会話はほとんどスラスラ言いまわせるレベル到達できます。
根気強く続け、数か月単位で振り返った時に、あなたの英会話力は各段にアップします!

 

5. 挫折しないモチベーションの保ち方

あなたは英語習得に向けて、「上達しているか分からない」「思ったより成果がでない」など悩んだ経験はないでしょうか?

私が実践していたモチベーションの保ち方は

  • 成長を実感する場を作る
  • 結果を急がない・焦りの概念を捨てる

では、詳しく解説をしていきます。

 

1.成長を実感する場を作る

例えば

 L ・時々オンライン英会話や外国人と会話して自分の実力をチェック。

    ・1か月ごとに自分の英会話を録音しておき、比較してみる。

私の場合、瞬間英作文トレーニングと並行してオンライン英会話を毎日2レッスン(50分)受講していました。トレーニングで使用した文章をそのままアウトプットする感じです。

先生から「上達しているね!」との言葉が何よりモチベーションに繋がって嬉しいですし、自分では気づけない成長に気づくことができます。

2. 結果を急がない・焦りの概念を捨てる

例えば

L ・一気に上達しようと思う気持ちを捨てる。

   ・英会話の習得にはある程度時間がかかることを覚悟する。

  ・1日1つでも新しい単語を使って、文を作れるようになったら、成長したと思うことが大事。

「努力はしているけど、いつまで続けたら話せるようになるのか」

「できるだけ早く上達したい」

という疑問や焦りは初心者の頃に抱きやすいと思います。

テスト勉強と違い、短期間で単語を詰め込んだとしても、数日で喋れるようにはなりません。たった数か月しか勉強していないにも関わらず、「私は語学のセンスがないのでは?」や、「全く話せるようにならない」と途中で諦めてしまう人が多く、非常に勿体ないと感じます。上達はすぐに感じられるものではありません。継続して、数か月、1年とトレーニングを習慣化すれば、絶対に話せるようになりますので、焦らず楽しんで学習しましょう!


6. まとめ

英会話は留学しなくても、日本に居ながら話せるようになります!一番効果的な方法は「瞬間英作文」トレーニングであるとお話しました。たまに英語に触れるのではなく、毎日10分でもいいから訓練する方が上達の近道です。

諦めず最低半年は継続してみましょう。そして、定期的に自分の実力を確認する機会を設けて下さい。書籍を制覇したら、自分のオリジナルの英作文で練習してみて下さいね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました